2013.10.02 News / 登山 / 人物・団体 /

最終確認終えユネスコに推薦書提出 南アルプスエコパーク登録

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域(エコパーク)への登録を目指し、文部科学省の日本ユネスコ国内委員会は1日未明、南アルプスの推薦書をパリのユネスコ本部に提出した。推薦書の最終確認作業に時間が掛かったが、来年6月に審査される本年度の受付には間に合ったという。

 本年度の提出期限は9月30日までで、提出したのは日本時間で日付が変わった1日午前0時半ごろ。国内委によると、日本とパリの時差は7時間あるため、現地時間では9月30日中の提出となった。

 本年度は南アルプスのほか、只見(福島県)の申請と、志賀高原(長野、群馬県)の地域拡大申請も行った。提出が未明にずれ込んだことについて、国内委の担当者は「3地域の推薦書は膨大で、確認作業に時間が掛かった。書類の不備などのトラブルはなかった」と説明した。

 推薦書はメールでユネスコ本部に送られた。推薦書の原本は外務省を通じてユネスコ本部に届けられる。 

 (山梨日日新聞 2013年10月2日付)
月別
年別