県道南ア公園線 通行止め解除先送り 復旧工事めど立たず

 早川町奈良田の県道南アルプス公園線で18日、道路が崩落し、県は同公園線の早川町奈良田-南アルプス・広河原間(17キロ)を全面通行止めにした。同区間は土砂崩落の恐れがあるとして県が15日から通行止めにしていた。19日にも解除する予定だったが、道路の崩落のため、先送りとなった。復旧工事の見通しは立っていない。

 県峡南建設事務所によると、崩落場所は開運トンネルから広河原方面へ約2キロの地点。18日午前11時ごろ、延長約50メートルにわたって道路の谷側1-1.5メートルが崩落。台風4号による雨で地盤が緩んだことが原因とみている。

 報告を受けた同事務所が確認し、全面通行止めとした。「現在は測量、地質調査をしている段階で、復旧工事などの時期は未定」(同事務所)としている。

 同区間は6月30日からマイカー規制をしている。例年ならば、夏山登山者でにぎわう時期で、町振興課は「町の観光にとって大きな打撃」と影響を懸念している。

(2007年7月21日付 山梨日日新聞)
月別
年別