2014.10.05 News /

南アルプス保全へ連携 フェスタ開催

 南アルプスの国立公園指定50周年の一連の記念事業の結びとなるクロージング(閉会)イベント「受け継ぎ、歩む南アルプスフェスタ2014」が4日、南アルプス市櫛形生涯学習センターで開かれ、出席者が「次の100年に変わらない南アルプスを届ける」などと誓った。公募した南アルプス国立公園のシンボルマークも発表した。

 山梨、長野、静岡3県の自治体関係者ら約200人が出席。南アルプス市の中込博文市長、横内正明知事らが「かけがえのない自然を保全していくためには、これからが大事。南アルプスを保全しながら、活用していくために、国などと連携していきたい」などとあいさつした。

 この後、南アルプス国立公園シンボルマークを考案した群馬県高崎市の中島厚さんに表彰状が贈られた。中島さんの作品は333点の応募の中から最優秀賞に選ばれた。南の「M」とアルプスの「A」を組み合わせ、三つの三角形で3県を表したデザインになっている。

 シンポジウムも行われ、南アルプスガイドクラブの清水准一会長や芦安山岳館の塩沢久仙館長らが南アルプスについて意見交換。「安全のために携帯電話などの通信環境の整備も必要」などの意見が出た。芦安中の生徒3人が「次の100年に変わらない南アルプスを届けることを誓う」と、未来への提言もした。

 【写真上】南アルプスについて意見を交わしたシンポジウム=南アルプス・櫛形生涯学習センター

 【写真下】群馬県高崎市の中島厚さんがデザインした南アルプス国立公園のシンボルマーク

 (山梨日日新聞 2014年10月5日付)
月別
年別