マイカー規制へ100円の協力金徴収を決定 南アルプス山岳交通適正化協議会

 南アルプスの広河原に通じる南アルプス林道と県道南アルプス公園線の利用法を検討する南アルプス山岳交通適正化協議会が8日、県議会議事堂で開かれ、今夏から利用者に100円の協力金を求めるマイカー規制の実施要領を決めた。

 協力金は、路線バスと乗合タクシーの利用者からは乗車券購入時に、一般タクシー利用者からはゲート通過時にそれぞれ100円を徴収する。また本年度からは、同協議会が規制にかかる人件費などの経費を負担するため、初めて予算を計上。県や市町、交通事業者の負担金を盛り込み、総額1400万円とした。

 本年度のマイカー規制は6月25日から11月9日まで。昨年度までの安全対策工事に伴う規制から、県公安委員会による環境保全目的の規制に変更する。

(2008年5月9日付 山梨日日新聞)
月別
年別