県営林道南アルプス線 全面通行止め解除 路線バスも運行再開

 土砂崩落に伴う、南アルプス市の林道南アルプス線夜叉神-広河原間(14キロ)の通行止めが24日午前10時半、解除された。同区間はマイカー規制中で、路線バスの運行も同日午前から再開した。

 県治山林道課によると、土砂崩落があった林道斜面縦約10メートル、幅約8メートルをモルタルで固める補強工事を行い、23日に完了した。

 11日に林道沿いの斜面で土砂が崩落し、さらに崩落の危険があるとして、県が同日午後5時から全面通行止めとしていた。

(2007年7月25日付 山梨日日新聞)
月別
年別