県内の山系、残雪少なめも事前準備は万全に 山梨県警などが春山情報

 県山岳遭難対策協議会と県警は、県内の山系の残雪状況などをまとめた「春山情報」(4-6月)を発行した。冬季の降雪が少なかったため各山系とも例年より残雪は少なめだが、県警は「春の山は特に天候が変化しやすい。事前準備は万全に」と呼び掛けている。

 情報によると、富士山の山頂の残雪量は例年4、5月は1.5-2.0メートルあるのに対し、今年は約1.0メートル。5合目以上の登山道では0.5メートル、沢沿いでは1.0メートル。

 そのほかの山系の登山道の残雪量は、八ケ岳が1.0-1.5メートル。南アルプスは甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳方面が0.5-1.0メートル、北岳方面が1.0-1.5メートル、鳳凰三山方面が0.3-0.7メートル。秩父山系は大菩薩嶺方面が0.4-0.5メートル、笠取・飛竜・雲取山方面が0.2-0.4メートルなど。例年に比べ、残雪が少ないところが目立つという。

(2007年3月28日付 山梨日日新聞)
月別
年別