南アルプス市 登山の拠点・広河原を再整備 来年度実施計画 宿泊施設など検討

 南アルプス市は、南アルプスの登山者や観光客の受け入れ体制を整えるため、南ア登山の拠点となる広河原の再整備に乗り出す。ビジターセンターや宿泊施設などを整備していく考えで、2005年度に実施計画を作成するため、一般会計当初予算案に調査費500万円を計上する。

 広河原は標高約1500メートル。国内第2の高峰・北岳(3,193メートル)を望むロケーションにあり、森林百選の一つ「カツラの林」もある。登山者にとっては、宿泊や登山バスの発着、乗り継ぎ地点になっている。

 長年にわたり、国民宿舎広河原ロッジ(定員80人)と広河原山荘(定員100人)が登山者を受け入れてきたが、同ロッジは老朽化を理由に2003年度に閉鎖。山小屋の定員は不足し、トイレやバスの待合所も十分に整備されていないのが現状だ。

 市が構想しているのは、案内所や売店を備えたビジターセンターのほか、宿泊施設、野呂川沿いの遊歩道など。アルペンプラザ広河原の周辺、野呂川左岸の約1ヘクタールへの整備を計画する。

 南アルプス林道、県道南アルプス公園線からのマイカー乗り入れが規制される方向にあるため、これまで駐車場として使われてきた広場にバスやタクシーのターミナルを整備することについても検討する。

 一方で、現地は国立公園の第3種特別地域に指定され、開発が規制されている。そのため、環境省や県と協議しながら、計画策定や施設整備への理解を求めていく方針だ。

 市は「来年度中に実施計画を作り、早ければ2006年度にも整備に着手したい」としている。

【写真】宿泊施設などの整備を計画する広河原。登山者以外の誘客も図ろうと、遊歩道の整備も検討する=南アルプス市

(2005年2月12日付 山梨日日新聞)
月別
年別