2015.11.04 News /

甲斐駒うっすら雪化粧

 甲府地方気象台は3日、甲斐駒ケ岳で初冠雪を観測したと発表した。平年より7日遅く、昨年と比べて10日早い観測となった。

 気象台職員が午前9時半ごろ、山頂付近がうっすら白くなっているのを確認した。担当者によると、10月の平均気温は平年と比べて0・5度高く、比較的暖かい日が続いていたが、「2日に、日本の南海上を低気圧が通過し、県内が冷たい空気に覆われたため雪が降った」という。

 甲斐駒ケ岳の初冠雪の最も早い記録は1952年の9月26日で、最も遅いのは93年の11月24日だった。

 (山梨日日新聞 2015年11月4日付)
月別
年別