2014.8.09 News /

エコドライブへ街頭で啓発活動 県が富士吉田で

 山梨県は7日、富士吉田市の道の駅ふじよしだで、エコドライブ推進キャンペーンを行った=写真。世界文化遺産の富士山をはじめ、生物圏保存地域「エコパーク」に登録された南アルプスなどの景観や自然環境を守っていくため、温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を減らすエコドライブを呼び掛けた。

 県森林環境総務課の職員5人が、エコドライブを啓発するリーフレットを配布。「ムダなアイドリングはやめよう」など、環境に優しい運転方法を記した10項目のエコドライブ宣言に署名した運転手には、オリジナルのステッカーをプレゼントした。

 (山梨日日新聞 2014年8月8日付)
月別
年別