2014.7.31 News /

林道南アルプス線 復旧先送り 岩の除去遅れ来月末に

 山梨県は30日、土砂崩れで通行止めになっている南アルプス市芦安芦倉の林道南アルプス線について、復旧が8月末ごろになるとの見通しを明らかにした。県は当初、8月中旬にも復旧させる見通しを示していたが、再崩落防止を目的とした岩の除去作業に遅れが生じている。

 県によると、岩の除去作業は8月上旬まで実施。その後、再崩落の恐れがある斜面にモルタルを吹き付けて固めるという。

 土砂崩落は7月8日、夜叉神ゲートから広河原方面へ約6キロの林道脇の斜面で発生。高さ40メートル地点から幅10メートルにわたって崩れ、南アルプス登山の玄関口・広河原へのルートは、早川町側からの県道南アルプス公園線からしか向かえない状況になっている。

 今年は南アルプスがユネスコの生物圏保存地域「エコパーク」に登録され、観光客の増加が期待されていた。だが通行止めの影響で、同市芦安地区には宿泊客数が例年より半減している旅館もあるという。

 (山梨日日新聞 2014年7月31日付)
月別
年別