2014.5.20 News / 登山 / 人物・団体 /

甲信越静4県知事が連携模索 26日、長野で初サミット

 太平洋から日本海にかけて南北につながる山梨、新潟、静岡、長野の4県知事による「中央日本四県サミット」が26日、長野市内で開かれる。共有する山岳など自然環境の保全や活用、広域的な交流のあり方について意見を交わす。4県知事が一堂に会して協議するのは初めて。

 建設が始まるリニア中央新幹線などは東西の連携を強めることになるが、太平洋と日本海を南北でつなぐ4県が新たな連携策に取り組み、互いの活性化につなげるのが狙い。長野県の阿部守一知事の呼び掛けに各県が応じた。

 懇談テーマは(1)共有財産としての山岳、歴史ある街道の保全と活用(2)広域交流圏を目指した連携強化-を想定している。4県による「広域交流圏」の形成を目指し、中部横断自動車道の開通などを念頭にした連携のあり方を探る。

 山岳関係では、登録が確実となった南アルプスのユネスコエコパークは、山梨、静岡、長野の10市町村にまたがる。南アルプス周辺では「日本ジオパーク」認定を目指す動きがあることなどを踏まえ、連携した保全活用策について意見を交わす見通し。

(山梨日日新聞 2014年5月20日付)
月別
年別