2013.7.08 News /

櫛形山散策路が完成 南アルプス 全長5.5キロ、展望台も

 南アルプス市が櫛形山(2052メートル)西側斜面に整備を進めていたトレッキングコースが完成し、7日、開通した。記念式典後、中込博文市長や市内の小学生らが新コースを歩いた。

 コースは、富士川町の池の茶屋登山口(1850メートル)と同市のアヤメ平(1900メートル)を結ぶ約5.5キロ。一部の道を舗装し、障害者も利用しやすいようにしたほか、コース上で、北岳や薬師岳など南アルプスを望める位置に展望台を設けた。

 池の茶屋登山口で開かれた式典には約150人が出席。テープカットを行ったほか、展望台までの1.4キロを散策した。あいにくの曇り空だったものの、出席者は展望台に着くと、のんびりと遠くの山々を眺めていた。

 【写真】南アルプス市と富士川町にまたがる櫛形山に新しくできたトレッキングコース

(山梨日日新聞 2013年7月8日付)
月別
年別