南アルプス登録へBR調査研究を推進 世界自然遺産県連絡協総会

 県内4市町でつくる南アルプス世界自然遺産登録県連絡協議会は28日、韮崎市役所で本年度総会を開いた。本年度事業として、ユネスコの登録制度である「BR」(生物圏保存地域)について調査研究を進めることを確認した。

 山梨、長野、静岡3県の推進協議会は5月9日にBR調査・研究部会を設置した。部会長には今沢忠文南アルプス市長が選ばれた。これを受け、県連絡協は登録手続きや効果などの情報収集を進め、1年後をめどにBRの指定を目指すかどうかの結論を出す。

 県連絡協によると、BRはユネスコの国際共同事業の1つで、1971年から登録を開始。登録数は2008年2月現在で105カ国529地域あり、日本では1981年に屋久島など4地域が登録されている。

 また、南アルプス自然保護官事務所の宮沢泰子上席自然保護官が、シカ対策の取り組みなど南アルプス国立公園の現状を報告した。

(2009年5月29日付 山梨日日新聞)
月別
年別