南ア世界遺産学術調査委設置へ 4市町連絡協が確認

 南アルプスの世界自然遺産登録を目指そうと、南アルプス国立公園を有する南アルプス、北杜、韮崎、早川の県内4市町で13日、連絡協議会が設立された。南アルプス市の桃源文化会館で開いた第1回会議では、学術調査委員会を設置し、登録に向けた情報収集や研究を進めていくことで合意。静岡、長野両県の関係市町村との3県合同推進協議会の本年度中の設置を目指すことも確認した。

 連絡協議会は首長や担当部長ら委員12人で構成。会長に石川豊南アルプス市長、副会長に北杜、韮崎、早川の三首長を選んだ。石川市長は「南アルプスは開発の手があまり入っていず、世界自然遺産にふさわしい」などとあいさつ。早期登録実現へ努力する考えを強調した。

 この後、担当者から世界遺産や南アルプスの概要説明があり、当面の活動内容を協議。各分野の専門家で構成する学術調査委員会、3県10市町村による推進協議会の設置や、今後のスケジュールなどを確認した。

 静岡市議会の石川久雄議長ら5人もオブザーバーとして参加。懇談会で同市議側から「長野県の4市町村に連絡協議会の設置を働き掛けてほしい」との要望が出され、石川市長らが了承した。

【写真】南アルプスの世界自然遺産登録を目指して発足した連絡協議会=南アルプス・桃源文化会館

(2006年10月14日付 山梨日日新聞)
月別
年別