2014.7.23 News /

広河原への入山 早川町経由のみ 土砂崩落で通行止め

 南アルプス市芦安芦倉の林道南アルプス線が土砂崩落で通行止めとなっている影響で、登山者は早川町などを通る県道南アルプス公園線を利用し、登山拠点の広河原に入山している。

 広河原へのルートは同線と、通行止めになっている林道南アルプス線の2本。現在、山梨県側から広河原に入山する経路は、県道南アルプス公園線のみとなっている。同線の奈良田-広河原間は約18キロで、早川町や身延町などを経由して広河原に至る。

 林道南アルプス線の通行止めに伴い、山梨交通は19日から、広河原とJR甲府駅を早川町奈良田経由で結ぶ代替バスの運行を開始。同線を通って甲府駅から広河原に入山する場合の所要時間は2時間程度だが、県道南アルプス公園線を利用すると、3時間以上の時間がかかる。

 林道南アルプス線を管理する県中北林務環境事務所によると、崩落した土砂や亀裂が入った岩の撤去などが終わっておらず、復旧のめどは立っていない。

 (山梨日日新聞 2014年7月23日付)
月別
年別