2014.5.25 News / 登山 / 人物・団体 /

エコパークへ節目祝う 伊那で式典 南ア国立公園指定50周年

 南アルプスの国立公園指定50周年を記念した式典が24日、長野県伊那市内で開かれ、山梨、長野、静岡3県の自治体関係者が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のエコパーク登録が確実視される中で迎えた節目を祝った。

 南アルプス市の中込博文市長は式典のあいさつで「南アルプスのユネスコエコパーク登録の可能性が非常に高くなっている。記念すべき年に南アルプスが国立公園指定50周年を迎えることはうれしい」と述べた。

 女優市毛良枝さんの講演もあり、市毛さんが「山なんて嫌いだった」と題し、南アルプスへ一人で登山したときのエピソードを披露。トークイベントでは、市毛さんや伊那市の白鳥孝市長らが南アルプスの将来像について意見交換。シカの食害などの課題について「国立公園50周年を機に、関係自治体が課題を共有し、協力して対策を講じるべきだ」との意見が出た。

 南アルプス国立公園は国内第2の高峰・北岳(3193メートル)など3千メートル級の山々がある山岳公園。ライチョウなどの希少動物や植物が多く、1964年6月1日に国立公園に指定された。山梨、長野、静岡3県の東西約15キロ、南北約50キロに広がり、総面積は3万5752ヘクタール。今年6月にユネスコエコパークへの登録が確実となっている。

(山梨日日新聞 2014年5月25日付)
月別
年別