2010.4.18 News / 登山 / 山小屋 /

自然、人守った南アの山番 「北岳肩の小屋」元経営者森本録郎さん

 国内第二の高峰、南アルプス・北岳山頂付近の山小屋「北岳肩の小屋」(標高約3千メートル)の元経営者、森本録郎さん=南アルプス市芦安芦倉643=が5日、亡くなった。96歳だった。山を愛し、登山道整備や貴重な動植物の保全にも尽力。登山者の安全を第一に考え、山小屋で温かく迎え入れる「南アルプスの山番」は、多くの山岳家に慕われた。

 肩の小屋の始まりは半世紀前。当時は北岳山頂から離れた白根御池小屋の管理人を務めていた。遭難者の救助も担っていたため、多くの登山家の死に直面してきた。「死者を出したくない。頂上付近に休息の場があれば」-。そんな思いから造り始めたのが肩の小屋。石や木材を毎日のようにふもとから荷上げした。完成までに長年の歳月を費やし「執念で造り上げた小屋」(息子の聖治さん)だった。

 70代後半で引退するまで山小屋を守り続けた。温厚な人柄で登山者を家族のように歓迎。腰を据えて会話をしながら自ら培った経験を生かして登山計画をアドバイスし、遭難事故の防止に力を注いだ。石の除去など自主的な登山道整備も行っていた。

 キタダケソウなど、貴重な動植物が数多く存在する南アルプスの保全活動にも取り組んだ。特に絶滅危惧きぐ種ライチョウの観察に力を入れ、保護対策を行政に訴えた。

 今シーズンも6月から肩の小屋が始まる。山番は子や孫が受け継ぐ。聖治さんは「登山者の安全のため、父から教わった山道整備などを続けていく」と語る。登山者の安否を気遣い、南アルプスを愛した故人の遺志は次世代へとつながっている。

【写真】在りし日の森本録郎さん(左下)=南アルプス・北岳山頂

(2010年4月17日付 山梨日日新聞)
月別
年別