2020.10.16 News /

アヤメ保全これからも 南ア・櫛形山 

市民団体など 防護柵10年、張り替え

シカの食害からアヤメを守る柵の張り替え作業をする参加者=南アルプス・櫛形山

シカの食害からアヤメを守る柵の張り替え作業をする参加者=南アルプス・櫛形山

 南アルプス市は、櫛形山でシカの食害からアヤメを守る防護柵を張り替えた。柵の設置から約10年が経過する中で、柵内のアヤメの数が増えるなど効果も見られるという。市の担当者は「かつての花畑の状態が戻ってきている。保全活動を続けたい」と話している。

 柵は、2010年に櫛形山の裸山で約4千平方メートルを囲むように設置した。柵内のアヤメを守っているほか、適切な管理方法を探るための研究も行っている。これまでは、高さ約2メートルのプラスチック製のネットで囲んでいたが、設置から約10年がたち、劣化して破れやすくなったことから新しくすることにした。

 3日に行われた張り替え作業には、櫛形山を愛する会や韮崎高山岳部、市職員ら約70人が参加。全長約300メートルの古い柵を手分けして取り外し、ワイヤが編み込まれた新しいネットに張り替えた。

(山梨日日新聞 2020年10月16日掲載)

月別
年別