2005.10.20 News / 登山 / 人物・団体 /

山岳遭難に備え救助訓練を実施 南アルプス

 南アルプス署と南アルプス市山岳救助協力隊などはこのほど、南アルプスの北岳で山岳遭難救助訓練を行った。

 署員ら19人が、遭難が多発している現場を確認し、ザイルの結び方や斜面の降下を練習。県警ヘリ「はやて」で負傷者を搬送する訓練を行った。

 同署によると、北岳では今年10件(12日現在)の山岳遭難事故が発生し、2人が死亡した。年間で9件(2人死亡)だった昨年を上回っており、同署は遭難防止策の徹底を呼び掛けている。

【写真】斜面の降下訓練をする南アルプス署員ら=南アルプスの北岳

(2005年10月20日付 山梨日日新聞)
月別
年別