2005.4.28 News / 登山 / 人物・団体 /

登山期控え装備品点検 長坂署

 長坂署は26日、同署で登山客が増えるゴールデンウイークを前に、山岳遭難事故に備えた装備品の点検と救助訓練を行った。

 県山岳遭難対策協議会長坂支部の長坂征夫副支部長の指示に従いながら、同署員がザイルなどの装備品に問題がないかをチェック。担架が使えない場合でもザイルを使って負傷者を運ぶ「ロープバスケット」の練習や負傷者のつり上げ訓練も行った。

 長坂さんは「春山は雪崩が起きやすい場所が多いため、雪上を歩く時は特に注意しなければならない」と話している。

【写真】装備品の点検などをする長坂署員ら=長坂署

(2005年4月27日付 山梨日日新聞)
月別
年別