2011.4.19 News / その他 /

「はやて」を使った山岳救助訓練を実施

 本格的な春山シーズンを迎え、甲府署は18日、市川三郷町の県警航空隊ヘリポートで、県警ヘリ「はやて」を使った山岳救助訓練を行った。

 地域課署員5人が、ハーネスという安全ベルトの装着方法や地上の救助者をヘリに収容する手順を確認した=写真。同署管内の上空に移動し、過去に起きた遭難現場の視察もした。

 登山ブームを背景に、県内の山岳遭難は急増している。萩原健課長は「管内ではハイキング感覚の登山者が多い。無理のない登山をしてほしい」と呼び掛けながら、不測の事態に備え、気を引き締めた。

 (2011年4月19日付 山梨日日新聞)
月別
年別