2010.6.05 News / 祭り・イベント /

南アルプスの恵み楽しもう あす、フルーツ山麓フェスティバル2010 果物や新鮮野菜販売 よさこいも花添える

 「フルーツの宝石」といわれる真っ赤なサクランボが実る南アルプス市では6日、南アルプス市櫛形総合公園を会場に「南アルプス市フルーツ山麓ろくフェスティバル2010」が開かれる。クイズに正解するとサクランボが贈られるイベントや農産物の直売、山岳の魅力を発信するコーナーなど、魅力あるイベントが繰り広げられる。

 南アルプスの恵みを満喫できるイベントは、午前9時45分の開会式で幕開け。午後4時半まで、旬のフルーツを楽しむイベントや南アルプスの山々の魅力を発信するコーナーなど、多彩なイベントが繰り広げられる。

 旬の味覚を味わえる「新鮮農産物エリア」では、クイズラリーを実施。午前11時と午後2時の2回、それぞれ先着500人に解答用紙が配布され、会場内に掲示したクイズに正解すると、採れたての甘いサクランボが贈られる。また、サクランボやモモ、キュウリ、トマトなど、果物や新鮮な野菜の直売も行われるほか、午前11時と午後1時の2回、それぞれ先着50人に市内のサクランボ農園で、当日のみ使用できる特別優待券が配布される。

 女性に人気の「スウィーツパーラー」では、市内菓子店の協力により、市内で採れたサクランボなどをふんだんに使ったケーキやタルトなどを販売する。

 「種飛ばしエリア」では、男性、女性、子どもの3部門でサクランボの種飛ばし大会を実施。午前10時から予選大会を開き、午後1時半からは、男性、女性の上位各1人が山形県寒河江市のチャンピオンと「日本一」をかけて対決する。子どもの部は午後も実施する。

 「山岳エリア」では、3D眼鏡をかけると、北岳をはじめとする南アルプスの山々が立体的に見えるパネル展示や、親子で楽しめるゲーム、クライミング体験コーナーがあり、楽しみながら、山岳の魅力に触れることができる。

 メーンステージでは、午後1時から○×クイズによる「南アルプス検定」を実施し、見事勝ち残るとプレゼントがもらえる。また、午前11時半と午後2時からは、子どもに人気の「天装戦隊ゴセイジャーショー」が行われる。このほか、「文化財エリア」では、市の文化財や史跡を写真で紹介するほか、縄文時代から昭和までの生活を体験できるコーナーもあり、火おこしや弓矢遊び、石臼の体験、米の脱穀体験ができる。

 会場では県内外からよさこい団体27チーム、一般のダンス団体15チームの総勢千人が参加し、3つの会場で華やかな踊りを披露する。

 午前9時半から午後2時半まで、JR竜王駅から会場まで無料シャトルバスを運行する。

(2010年6月5日付 山梨日日新聞)
月別
年別