1つ前のページに戻る

2003.3.13 所属カテゴリ: 間ノ岳 / 登山 / 登山コース・開山祭 /

間ノ岳登山道・両俣―三峰岳コース

 間ノ岳は白峰三山縦走路を利用するのが一般的だが、西側から直接山頂を目指せるのがこのコース。両俣小屋を起点にすれば1日で山頂往復が可能だ。
南アルプスNET―間ノ岳登山道・両俣―三峰岳コース
【参考タイム】
北沢橋 4:00


3:00
両俣小屋 1:00


0:40
野呂川越 3:00


2:00
三峰岳 1:00


0:30
間ノ岳山頂

 両俣までは北岳のコース参照。両俣小屋から左岸の針葉樹林帯を行くと、左俣と右俣の合流点付近で右手の斜面に登山道が延びている。樹林を1時間ほどの登りで稜線に出たところが野呂川越。
(両俣小屋から約1時間。下り約40分)

三峰岳
三峰岳
 ここで左に折れる。樹林の急な登りが延々と続く。白峰三山縦走路から見ると小突起に過ぎない三峰岳が、樹間に大きくそびえていて驚かされる。2,571メートルの独標、2,699メートルのピークと高度を稼ぎ、潅木帯になってくると三峰岳は近い。岩場を登り切ると山頂に着く。
(野呂川越から約3時間。下りは約2時間)

 間ノ岳や農鳥岳が間近に見える。南には塩見岳も。ここからは砂地の登山道をだらだら登って間ノ岳に着く。
(三峰岳から約1時間。下り約30分)
※注意
 紹介した登山コースは、あくまで参考です。コースタイムは人によって違いますし、登山道も変化があります。登山前にガイドブックや登山記録を調べ、自分の判断で登山計画をたてて下さい。遭難した場合、捜索が速やかにできるよう登山計画書を登山口で提出して下さい。各登山口にボックスがあります。山小屋でも受け付けます。この南アルプスNETから山梨県警察本部のホームページにリンクすれば、インターネットでも登山届を出すことができます。個人の責任でしっかりとした計画をたて、安全で楽しい登山ができるようお祈りします。