2016.7.02 News /

甲斐駒の魅力紹介 開山200年でパネル展

 甲斐駒ケ岳開山200周年を記念した「魅力歴史展」(甲斐駒ケ岳開山200周年記念事業実行委員会主催)が1日、北杜・甲斐駒センターせせらぎ展示ホールで始まった。甲斐駒ケ岳の歴史や魅力をパネルで紹介している。

 2014年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録された南アルプスの認知度を高めようと企画。甲斐駒ケ岳の特大タペストリー(横3.6メートル、縦2メートル)を掲示。山頂からの眺望を写したパノラマ写真もあり、スマートフォンなどでQRコードを読み取ると、画面上でも閲覧できる。

 甲斐駒ケ岳の歴史や南アルプスが育む水、麓に住む人々の暮らしなどについて約20枚のパネルで説明。昭和期の登山用具やパンフレット、5合目小屋の模型なども展示している。

 8月31日まで。午前9時~午後5時。月曜休館。入場無料。

 【写真】甲斐駒ケ岳の写真などが並ぶ展示=北杜・甲斐駒センターせせらぎ

 (山梨日日新聞 2016年7月2日付)
月別
年別