2012.3.26 News / 祭り・イベント /

11月に甘利山で自転車レース開催 韮崎市、観光の目玉に

 韮崎市は、都内の企業2社とともに今年11月、同市の甘利山周辺の道路をコースにした自転車ロードレース「ヒルクライムチャレンジシリーズ2012『韮崎甘利山大会』」を開く。レースは今年の大会後の継続も決まっている。近年の自転車ブームで、大会には多くの参加者が見込まれるため、市は新たな観光の目玉となることを期待している。

 市商工観光課によると、ソニーの関連会社「ソニー・ミュージックコミュニケーションズ」など2社は昨年から、開催場所として選んだ自治体と提携した自転車ロードレースを全国で開催している。甘利山付近の道路の傾斜などが「ロードレースに適している」として、同社側から市に大会実施の申し出があった。市を含む3者で実行委員会を発足して大会を運営する。

 コースは、甘利山入り口(旭町上条北割)を出発して県道甘利山公園線を上り、甘利山広河原駐車場をゴール地とする全長11・7キロ。標高差1139メートル、最大勾配13・5%で、日本屈指の上級者向けの内容となる。初心者でも参加できる短路の「ショートクラス」を設けるほか、マウンテンバイクも参加可能にする。

 開催日は11月3、4日。3日は釜無川河川公園で地元特産品の販売など歓迎行事をし、4日にレースを行う。レース参加者は千人を見込んでいる。エントリーは4月から行う予定。

 市では、レース開催による地元への経済効果として、参加者による市内の宿泊施設・飲食店の利用や土産品の購入を期待。甘利山はレンゲツツジの群生地で知られる名所で、同課は「レース参加者には、甘利山の美しい自然を楽しんでもらうほか、市内の観光スポットにも足を運んでほしい」と話している。

 (2012年3月26日付 山梨日日新聞)
月別
年別