2011.3.16 News / 自然文化 / 動物・鳥 /

ニホンジカ食害 環境省が対策へ 南アルプス国立公園

 環境省は15日、山梨、長野、静岡3県にまたがる南アルプス国立公園でニホンジカによる食害が深刻化していることから、駆除や防護柵の設置などの対策に乗り出す方針を決めた。具体的な計画案を7月に中央環境審議会に諮問、9月の正式決定を目指す。

 同公園内ではキタダケソウなど希少な高山植物が群生しているが、10年前ごろからニホンジカの頭数増や生息域の拡大による食害が相次ぎ、生態系への影響が懸念されている。

 国立公園でのシカ対策は、知床(北海道)や尾瀬(福島、栃木、群馬、新潟)、白山(富山、石川、福井、岐阜)などでも例がある。

 (2011年3月16日付 山梨日日新聞)
月別
年別