2005.10.13 News /

甲斐駒覆う夕焼け雲 色づく秋空、浮かぶ尾根 やまなし彩時記 秋

 朝夕の風に涼しさや、時に冷たさを感じる季節になってきた。残暑がずいぶん前のことのように感じられ、周囲の景色も少しずつ変化の兆しを見せている。

 まだ残暑が厳しかったころ、肌にピリピリとくるような強い日差しが落日とともに収まると、空一面に夕焼け雲が広がっていた。

 オレンジからあかね色へ、色彩の濃淡が雲の形に沿って広がっていく。

 甲斐駒ケ岳が影絵のように浮かび上がる。

 季節を通して空はさまざまな色合いをみせる。

 同じように見えて、空の色もまた一期一会であることを実感する。

(2005年10月12日付 山梨日日新聞)
月別
年別