1つ前のページに戻る

2003.3.13 所属カテゴリ: 北岳 / 登山 / 登山コース・開山祭 /

北岳登山道・大樺沢二俣―草すべり―小太郎尾根コース

 草すべりとは、北岳東面の登山道のうち、おおよそ白根御池―小太郎尾根稜線までをいう。
南アルプスNET―北岳登山道・大樺沢二俣―草すべり―小太郎尾根コース
【参考タイム】
大樺沢二俣
2:30


1:30
草すべり経由で
小太郎尾根

 大樺沢二俣までは大樺沢コースを参照。二俣から北岳に向かって右の沢が右俣で、最初は右俣左岸に沿って草地を行く。ダケカンバの樹林に入ると登山道は沢から離れ、右に行くようになる。広葉樹の中の登りが続き、針葉樹が混じり始めると、ひょっこりと開けた平地に出る。

大樺沢二俣(7月) 草すべりのお花畑

 小さなカールのようで、大きな石が庭園のように散在していて、一部の登山者からはギリシャ庭園と呼ばれている。ここから登山道はお花畑の中を行く。一度樹林に入り、再び草地の斜面になると、白根御池からの道が右から合流してくる。
(二俣から約2時間半、下り1時間半)

 北岳までは白根御池―草すべりコースを参照。
※注意
 紹介した登山コースは、あくまで参考です。コースタイムは人によって違いますし、登山道も変化があります。登山前にガイドブックや登山記録を調べ、自分の判断で登山計画をたてて下さい。遭難した場合、捜索が速やかにできるよう登山計画書を登山口で提出して下さい。各登山口にボックスがあります。山小屋でも受け付けます。この南アルプスNETから山梨県警察本部のホームページにリンクすれば、インターネットでも登山届を出すことができます。個人の責任でしっかりとした計画をたて、安全で楽しい登山ができるようお祈りします。