2022.5.04 News / その他 /

農鳥岳の遭難男性救助

 早川町奈良田の農鳥岳で発生した山岳遭難で、南部署は3日、自称仙台市、会社員男性(51)を救助したと発表した。男性にけがはなかった。

 署によると、男性は単独で4月30日に3泊4日の予定で入山。農鳥岳を縦走していた際に道に迷い、5月2日午後5時10分ごろ110番した。県警ヘリ「はやて」が同日に捜索したが、天候不良のため発見できず、署などが3日に救助活動を再開した。

(山梨日日新聞 2022年5月4日掲載)


農鳥岳で男性遭難

 2日午後5時10分ごろ、早川町奈良田の農鳥岳山頂付近で、宮城県の50代男性から道に迷ったと110番があった。県警ヘリ「はやて」が捜索したが、天候不良のため発見できなかった。南部署などは3日早朝に救助活動を再開する予定。

 署によると、男性は単独で4月30日から3泊4日の予定で入山し、農鳥岳を縦走していた際に登山道から外れたという。男性は防寒具や食料などを所持していて、けがはないという。

(山梨日日新聞 2022年5月3日掲載)

月別
年別