2022.1.08 News / その他 /

山岳遭難の男性救助

 早川町奈良田の農鳥岳などに登山していた男性が悪天候で動けなくなった山岳遭難で、静岡中央署などは7日、静岡市葵区田代の南アルプス広河内岳付近で男性を発見、救助した。

 南部署によると、救助されたのは埼玉県戸田市の配管業男性(62)で、両手に凍傷を負い、静岡市内の病院に搬送された。現場は大門沢下降点から西に約500メートルの地点。静岡県警ヘリが7日午前11時ごろに救助した。

 男性は1日午前6時ごろに単独で入山。4日午後5時ごろ、吹雪で視界が奪われたためビバークし、110番した。

(山梨日日新聞 2022年1月8日掲載)


遭難の男性 発見できず

 早川町奈良田の農鳥岳などに登山していた埼玉県戸田市の60代男性が悪天候により動けなくなった山岳遭難で、南部署などは6日早朝から捜索を再開したが、見つからなかった。署は男性と連絡を取りつつ、天候の回復を待って救助活動を続ける。

 署によると、署や県警本部の山岳救助隊、県警ヘリ「はやて」が登山道を中心に捜索したが見つからず、悪天候で中断した。

 男性は1日午前6時ごろに単独で入山し、農鳥岳と間ノ岳、北岳を縦走。引き返して下山していたところ、4日午後5時ごろ、吹雪で視界が奪われたためビバークし、110番した。

(山梨日日新聞 2022年1月7日掲載)


早川町で男性遭難

 4日午後5時25分ごろ、早川町奈良田の農鳥岳と大門沢下降点の中間付近で、埼玉県戸田市の60代男性から悪天候で動けなくなったと110番があった。署によると、男性にけがはないという。天候の回復を待ち、署などが6日から救助活動を行う予定。

 署によると、男性は1日午前6時ごろに単独で入山し、農鳥岳と間ノ岳、北岳を縦走。引き返して下山していたところ、4日午後5時ごろ、吹雪で視界が奪われたためビバークし通報した。

(山梨日日新聞 2022年1月6日掲載)

月別
年別