2019.10.08 News / その他 /

北岳の遭難女性を救助

 南アルプス・北岳の登山道で女性が滑落し、負傷した山岳遭難で、南アルプス署は7日、名古屋市の無職女性(75)を救助したと発表した。女性は腰椎圧迫骨折の重傷。

 同署によると、女性は5日に単独で入山。6日午後1時半ごろ、下山中に足を滑らせて約5メートル下に滑落した。署員と八田消防署員が7日、女性が待機していた白根御池小屋から広河原まで搬送し、救急隊が南アルプス市内の病院に運んだ。

 (山梨日日新聞 2019年10月8日掲載)


北岳などで遭難相次ぐ

 山梨県内と山梨、静岡両県にまたがる山で6日、登山者が転倒したり、滑落したりする山岳遭難が相次いだ。このうち南アルプス・北岳で滑落した女性1人は7日朝に救助する。

 南アルプス・北岳の登山道では同日午前10時10分ごろ、下山途中の広島市の医師男性(57)が転倒した。南アルプス署によると、男性は県警ヘリ「はやて」で救助され、左足首の骨を折る重傷。

 北岳では同日午後1時半ごろにも、愛知県の70代女性が滑落。同署によると、女性は下山中、足を滑らせて約5メートル下に滑落し腰部を負傷した。悪天候になったため、7日に救助に向かう。

 山梨、静岡両県境の西農鳥岳では同日午前10時5分ごろ、広島県三原市の男性(71)が滑落し、右足を負傷した。

 (山梨日日新聞 2019年10月7日掲載)

月別
年別