2019.9.13 News / その他 /

鳳凰三山で遭難の男性救助

 韮崎市内の鳳凰三山に登った男性が行方不明になった山岳遭難で、韮崎署は12日、神奈川県海老名市の無職男性(82)を救助したと発表した。男性にけがはなかった。

 同署によると、同日午前10時ごろ、県警ヘリ「はやて」が地蔵岳山頂の約170メートル南東の斜面で男性を発見し、同11時50分ごろに救助した。

 男性は山小屋に一泊し、6日から単独で登山を開始。8日になっても帰宅しなかったため、家族が9日に神奈川県警を通じて韮崎署に通報した。

 (山梨日日新聞 2019年9月13日掲載)


遭難男性発見できず

 韮崎市内の鳳凰三山に出掛けた神奈川県の80代男性が行方不明になった山岳遭難で、韮崎署は10日、捜索を再開したが、発見できなかった。

 同署によると、同日午前8時半ごろから、同署山岳救助隊や県警ヘリ「はやて」が山頂付近や登山道を捜索した。11日も朝から捜索する予定。

 男性は6日に単独で鳳凰三山に登ると家族に伝えていたが、8日になっても帰宅しないため、家族が9日、神奈川県警を通じて同署に通報した。

 (山梨日日新聞 2019年9月11日掲載)


鳳凰三山で80代男性遭難か

 9日午前11時5分ごろ、韮崎市の鳳凰三山に登山に出掛けた神奈川県在住の80代男性が帰宅しないと、家族から神奈川県警を通じて韮崎署に通報があった。

 同署山岳救助隊と県警山岳警備安全対策隊が同日正午ごろから付近を捜索したが、発見できなかった。10日朝から捜索を再開する。

 同署によると、男性は家族に対して6日に単独で入山すると説明していたが、8日になっても帰宅しないため、家族が神奈川県警に届け出た。

 (山梨日日新聞 2019年9月10日掲載)

月別
年別