2019.8.06 News / その他 /

北岳で高山病の男性救助

 5日午前5時半ごろ、南アルプス・北岳山荘から、体調不良で下山できない登山者がいると119番があった。県防災ヘリ「あかふじ」が救助し、甲府市内の病院に搬送した。

 南アルプス署によると、救助されたのは兵庫県宝塚市の会社員男性(64)。男性は高山病。

 男性は2日、妻とともに広河原から間ノ岳に向けて登山を開始。4日早朝、間ノ岳に登頂して下山中、発熱やふらつきなどの症状を覚えた。宿泊先の北岳山荘に戻って医師の診察を受けたが症状が改善しないため、救助を要請した。

 (山梨日日新聞 2019年8月6日掲載)

月別
年別