2019.7.23 News / その他 /

北岳で遭難男性を救助

 22日午前8時25分ごろ、南アルプス市の北岳山荘関係者から、千葉県船橋市の弁理士男性(47)が体調を崩して下山できないと、南アルプス署に通報があった。県警ヘリ「はやて」が救助し、南アルプス市内の病院に搬送した。男性は軽症とみられる。

 同署によると、男性は21日早朝、広河原から単独で北岳に向け出発。同日午後1時半ごろ、山頂付近でめまいや吐き気、ふらつきを覚えたが、自力で北岳山荘にたどり着いた。症状が改善されず、下山が困難と判断し、山荘関係者を通じて救助を要請した。

 (山梨日日新聞 2019年7月23日掲載)

月別
年別