2018.12.30 News / その他 /

南アの遭難男性救助

南アルプス市芦安芦倉の仙水峠付近で男性が道に迷った山岳遭難で、県警は29日、この男性を救助した。南アルプス署によると、男性は両手足に軽い凍傷を負ったとみられる。

 同署によると、救助されたのは東京都小平市の地方公務員男性(56)。27日から仲間と2人で登山を始めたが、体力に差があることから、28日は別行動で甲斐駒ケ岳に登頂した。北沢峠に向けて下山中に、仙水峠近くで登山道を外れて道に迷い、28日夕、自ら110番した。

 (山梨日日新聞 2018年12月30日付)

 

仙水峠付近で男性が道迷う 救助隊が現場へ


 28日午後5時55分ごろ、南アルプス市芦安芦倉の仙水峠付近で、道に迷ったと東京都に住む50代男性から110番があった。南アルプス署員と県警山岳警備安全対策隊員、山小屋関係者が救助に向かっている。

 同署によると、男性は同日、甲斐駒ケ岳を経由し北沢峠に向けて下山中、仙水峠付近で登山道を外れて道に迷ったとみられる。男性にけがはないという。

 (山梨日日新聞 2018年12月29日付)

月別
年別