更新日:2017年06月15日
南甘利山を散策 自然観察楽しむ
南アルプス市教委が教室
 南アルプス市教委はこのほど、市内の南甘利山で、春の自然観察教室を開いた。

 市民約30人が参加。山の中腹にある大笹池や、サクラソウ科の一種で山あいの湿地などに自生するクリンソウの群生地を約5時間かけて巡った。南甘利山付近の登山道の整備などに取り組むボランティアグループ「山友会」のメンバーがガイドを務めた。

 市教委は新緑と紅葉の時季に同会の協力を得て、観察教室を開いている。

 (山梨日日新聞 2017年6月15日付)