更新日:2018年12月30日
エコパークの自然、カレンダーで紹介
南アルプス市が作製

 南アルプス市は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」に登録された南アルプスのカレンダーを作った。2019年6月に登録5周年を迎えることを記念して作製。動植物などを写真で紹介している。

 カレンダーには北岳から望む朝焼けの富士山、櫛形山のアヤメ、甲斐駒ケ岳のライチョウなどの写真を添えてエコパークの魅力を伝えている。写真は市ユネスコエコパーク推進室の広瀬和弘室長が撮影した。

 エコパークの理念や登録エリアの地図も掲載。2万1千部作り、市内の全戸に配布した。広瀬さんは「南アルプスの貴重な自然環境をあらためて見つめてほしい」と話している。

 【写真】南アルプスの山や動植物を写真で紹介しているカレンダー

 (山梨日日新聞 2018年12月30日付)