更新日:2018年06月16日
植樹した木を保護 櫛形山で下草刈り
南アルプス市など
 南アルプス市と富士通アイ・ネットワークシステムズ(同市有野)などは、櫛形山の中腹で下草刈りをした。

 同社社員と市職員、地域住民約40人が参加。5年前にヤマザクラやカエデなど約500本を植えた場所の周辺で生い茂る草を取り除いた。

 下草刈りは市と同社が2013年、南アルプスの自然環境保全活動を協力して進めるために結んだ「南アルプス自然環境保全に関するパートナーシップ(グリーンパートナーズ)協定」の一環。毎年2回行っている。

 (山梨日日新聞 2018年6月16日付)