更新日:2017年12月15日
絶滅危惧種の花の写真展 甲府

 山梨県内に自生する絶滅危惧種の花の写真展が、甲府市朝日2丁目の画廊喫茶「アート&カフェ グレープ」で開かれている。

 県山岳連盟の自然保護グループで活動する吉野康弘さん(57)が2015年8月から今年10月に撮影した12点を展示=写真。県の絶滅危惧種に指定されている「ホテイラン」「キタダケキンポウゲ」などが並ぶ。

 「特に絶滅が心配されている花を集めた。多くの人に知ってもらいたい」と吉野さん。写真を通して来店者に環境保護の意識が根付くことを願っていた。

 (2017年12月15日付 山梨日日新聞)