【山梨】御座石鉱泉

【山梨】御座石鉱泉
  御座石の名称は往古、奈良田(早川町)へ行幸した奈良法皇が鳳凰山へ登り都をしのび、帰路この地へ下山されたとき大石にカヤの小枝を敷いて休息された―という古い伝説による。
 山梨県韮崎市円野町上円井の小武川支流に面する標高約1,100メートルに位置し、薮の湯、青木鉱泉、桃の木温泉などと同様、フォッサ・マグナに沿ってわき出ている温泉群の1つである。源泉数1、泉温25度以下、ゆう出量毎分35リットル、自噴の酸性明ばん泉で皮膚病、リューマチなどに効能があるとされている。

 ★山小屋情報はこちらから