南アルプス芦安山岳館/イベント・お知らせ


 ■南アルプス野生鳥獣目撃の情報提供アンケートのお願い
 わが国を代表する山岳地帯の南アルプスは、山梨、長野、静岡の三県にまたがり、南北の平面距離約120kmkm、東西は中央部で約40kmの日本最高標高の構造山地で、この山域には、日本第2の高峰である北岳を擁する白峰三山を初め、甲斐駒ケ岳、鳳凰三山、仙丈ケ岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳、聖岳、と標高3000m級の山々が連なり、豊富な高山植物が咲き競う稜線からの素晴らしい景観、太古の原生林に覆われた瑞々しく大きな山容の中には見事な渓谷が刻まれ野性動物達が遊ぶ、日本山岳の原風景がそこにあり、さまざまな山岳文化の花が開きました。

 このように、豊な生物多様性を誇り、学術的にも貴重な南アルプスは1964(昭和39)年6月1日に国立公園に指定され、今日まで人々に限りない恵を与え続けてくれています。しかし、近年野生鳥獣の生息環境が変化し、ライチョウの生息数が減少する一方、ニホンザル、ニホンジカ等の個体数が増加し森林や高山植物に被害が生じて社会問題に発展しております。このような状況を解決するために自然保護団体や関係機関では真剣な取組みを始めています。

 当南アルプス芦安山岳館では、南アルプスを訪れる皆様から、以下のような情報をいただき豊かな自然を未来に引き継ぐためのデータとして研究者と連携をとりながら有効に活用して行く所存でありますので、皆様方のご協力をお願い申し上げます。情報提供は、FAXまたは郵送でお願いいたします。
■情報提供アンケートのあて先・問合せ先
  ◆南アルプス芦安山岳館
    ・〒400-0241 山梨県南アルプス市芦安芦倉1570番地
    ・TEL 055(288)2125 / FAX 055(288)2162
    ・開館時間 午前9時〜午後5時
    ・休館日 水曜日(祝日の場合は翌日、7月20日〜8月31日は無休)、年末年始

■提供アンケートのダウンロード
  ◆野生鳥獣目撃の情報提供アンケート

※個人情報については「南アルプス市個人情報保護条例施行規則」に基づき適正な管理を行います。